サービス関連情報

HOME > 最新情報 > サービス関連情報 > 2016/09/14

サービス関連情報

アルファオフィス Ver3.5リリースのご案内

2016年9月14日

お客様各位

アルファオフィスキャビネット版をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、お客様の利便性をより向上させていただくため、アルファオフィスのバージョンアップを実施いたします。
詳細につきましては、下記をご覧ください。

今後ともアルファオフィスキャビネット版をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

リリース日 2016年9月28日(水)
※9月28日(水)16時頃から随時、新機能が画面に表示されます。
ご利用料金 料金の追加/変更はございません。
新機能
■管理者機能強化
  • パスワード有効期限設定(基本設定)
■利用者機能強化
  • キャビネットの展開方法の改善(キャビネット)
  • ファイルソート順保持機能(キャビネット)
  • エクスポート時の文字コード指定機能(アドレス帳)
■その他
  • サブ管理者設定の名称変更(ドキュメント管理/利用者機能)
■新機能詳細
◎パスワード有効期限設定(基本設定)
管理者機能

パスワードの有効期限日数と、期限設定を有効にするかどうかを設定できるようになります。定期的にパスワードを変更させる事でセキュリティ強化に繋がります。
各利用者のパスワード最終変更日や変更後の経過日数、状態等については「パスワード変更履歴確認」にてご確認いただけます。

◎キャビネットの展開方法の改善(キャビネット)
利用者機能

キャビネットの「+」マークのアイコンをクリックした時、今までは配下にあるキャビネット全てが展開されていましたが、今回の改善で1階層下のキャビネットのみが展開されるようになります。
1階層ずつ展開させる事で確認したいキャビネットを見つけやすくします。

◎ファイルソート順保持機能(キャビネット)
利用者機能

前回ソート順変更した際の値を維持できるようになります。
これにより毎回ソート順を変更する手間を省くことができるようになります。

◎エクスポート時の文字コード指定機能(アドレス帳)
利用者機能

アドレス帳のエクスポート機能で文字コード(UTF-8)を選択できるようになります。

【注意事項】

  • 特に指定がなければ、「Shift_JIS」を選択してください。
  • 「Shift_JIS」でエクスポートしたファイルが文字化けした場合は「UTF-8」を選択してください。
◎サブ管理者設定の名称変更(ドキュメント管理/利用者機能)

「サブ管理者」の名称を「キャビネット管理者」に変更致します。
これに伴い、サブ管理者に設定されている場合、利用者機能の右上に表示されていた「管理機能」も「キャビネット管理」に変更となります。

  • 機能に変更はございません。
  • 現在設定されているサブ管理者の情報はそのまま保持されます。
ご利用の手引きについて
9月28日(水)夕方より、下記のサイトから機能強化や新機能に対応したご利用の手引きがダウンロードできるようになります。